本文へ移動
赤ちゃんの英語教育っていつから?時期や教育方法、英語耳を育てる方法について
2020年から小学校でも英語が必修化・教育化となり、今日のグローバル化はますます急速に進みつつあります。年々需要が高まる英語教育は、いつから始めれば良いのか悩む親御さんも多いのではないでしょうか。そこで今回は、英語教育をスタートさせる適切な時期について、名古屋市緑区で子ども向け英語教室を運営する「SukuSuku English Garden」が詳しく説明いたします。

赤ちゃんに英語教育が必要な理由と最適な時期とは?

一般的に、英語教育は赤ちゃんのうちから始めたほうが良いとされています。その理由は大きく分けて2つあります。1つ目は社会のグローバル化が進んでいること、2つ目は英語耳を育てる最適な時期のためというものです。それぞれどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

社会のグローバル化とともに進む早期英語教育

社会のグローバル化とともに進む早期英語教育
社会のグローバル化とともに、英語教育も低年齢化が進んでいます。以前は小学校高学年から英語に慣れ親しむための授業が行われていましたが、2020年からは小学校中学年から英語教育がはじまりました。

今後、ますます英語の重要度が高まることが予想されており、なるべく子どもが小さいうちから英語に親しませようと考える家庭も増加傾向にあります。

英語耳を育てるのに最適な時期だから

英語耳を育てるのに最適な時期だから
赤ちゃんのうちから英語教育を始めたほうが良いとされるのは、「英語耳を育てるのに適した時期」であるからです。英語耳とは、日本語と大きく異なる英語独特の発音、リズムなどを聞き取れる耳のことです。

たとえば、日本人は英語の「L」と「R」の発音の区別が非常に難しいとされています。日本語には発音の強弱がない一方、英語は伝えたい部分を強く発音し、それ以外を弱く発音するという特徴があります。

また、日本語と英語とでは周波数が異なり、日本語は約125~1500ヘルツと低く、英語は750~5000ヘルツと高い傾向です。このような違いから、日本人の大人は英語の聞き取りや発音がうまくいかない方が多いとされています。

赤ちゃんにおすすめの英語教育方法

赤ちゃんは優れた耳を持ってはいますが、言葉そのものの意味を理解しているわけではありません。言葉のリズムや、言葉を話す人の表情などに注目しています。そのため、赤ちゃんが興味を持てるよう、体全体を使って楽しく遊びながら英語教育を行うことが大切です。

たくさん楽しみながら英語に触れていくなかで、覚えるための土台をつくっていきましょう。具体的な教育方法としては、以下のようなものがおすすめです。

英語の歌を聴かせる

英語の歌を聴かせる
歌を聴かせることで、楽しく英語のリズムや言葉を覚えられます。歌はサビなど特定の言葉を繰り返す箇所があり、印象に残りやすい特徴があります。英語の歌が入っているCDやDVDなどを日常的にかけ流すようにすると良いでしょう。

また、歌は聴くだけではなく、一緒に歌うと効果的です。CDやDVDにあわせて楽しく歌うことでアウトプットになり、英語の知識を定着させられます。

絵本の読み聞かせをする

絵本の読み聞かせをする
赤ちゃんの好みに合う英語絵本を使って、読み聞かせを行うこともおすすめです。絵本を繰り返し読み聞かせることで、使われている短い単語やフレーズを覚えられます。

絵本は幅広いジャンルのものがあるため、色々読み聞かせをしてお気に入りのものを探しましょう。

おもちゃを使う

おもちゃを使う
赤ちゃんが楽しく遊べるおもちゃを使う方法もあります。たとえば、ボタンを押すと英語の歌やアルファベットの単語などが流れるおもちゃも多く販売されています。

こうしたおもちゃは好奇心旺盛な赤ちゃんにぴったりです。遊び感覚で自然と英語に触れられるでしょう。

赤ちゃん向けの英会話教室

赤ちゃん向けの英会話教室
親子で楽しく英語を学ぶのであれば、英会話教室に通うこともおすすめです。

赤ちゃんの英語学習は、親御さんとの触れあいやコミュニケーションが重要で、親御さんと一緒に楽しく学べば、より赤ちゃんも英語に興味を示すようになります。

英会話教室によっては、親子で体験できるカリキュラムが用意されているところもあります。外国人講師やバイリンガルの英語は、赤ちゃんだけでなく大人も勉強になるでしょう。

赤ちゃんの英語教育におけるポイント

赤ちゃんの英語教育はいくつか気を付けたいこともあります。英語教育におけるポイントには、以下のようなものがあります。

無理をさせない

英語教育は赤ちゃんの成長過程に合わせて、無理のないように行いましょう。たとえば、赤ちゃんが嫌がっているのに無理に歌を聴かせたり、絵本を読み聞かせたりすることは避けたほうが無難です。無理に学習を行うと、英語そのものに苦手意識を持ってしまうおそれもあります。

赤ちゃんにとってストレスにならないよう、様子をしっかりと見守りながら英語学習を進めましょう。

すぐに結果を求めず、継続的な学習を

英語は積み重ねが重要であり、継続学習によって成果が出てきます。英語学習を始めたからといって、すぐに結果を求めてしまうとプレッシャーになってしまう可能性があります。

そのため、すぐに成果を求めるのではなく、まずは学習を続けることを目標にしましょう。赤ちゃんが日々楽しく英語を学べるような工夫が重要です。

日本語の教育も行う

日常生活において英語だけではなく、日本語もきちんと使うようにしましょう。普段から英語ばかり使って生活していると、母国語である日本語がおろそかになるおそれがあります。英語も日本語もバランス良く覚えさせることが大切です。

なお、英語と日本語は混ぜて使わないようにする必要があります。言語を混ぜて使うと、赤ちゃんが混乱してしまう可能性があるため注意が必要です。

日本語と英語はきっちりとシーンを分けて使い、混ざらないようにしましょう。

名古屋市緑区付近で赤ちゃんの英語教育を行うなら、SukuSuku English Garden

赤ちゃんは言葉を聞き取ることに長けており、英語教育をスタートさせるのにおすすめのタイミングです。英語耳の発達に重要な乳児期・新生児の時期は、積極的に英語と触れあう機会を設けましょう。楽しく効果的な英語学習を行うためには、英会話教室に通うこともおすすめです。

名古屋市緑区付近で赤ちゃんの英語教育を考えている場合は、ぜひ「SukuSuku English Garden」にご相談ください。


お問い合わせ・オープンスクール・相談会のお申込み
当スクールにご興味をお持ちの方は、まずはお気軽に資料請求や見学をお申込みください。皆様のご連絡をお待ちしております。
〒458-0847 愛知県名古屋市緑区浦里5丁目252番地
受付時間 10:00~17:00(平日のみ)
株式会社あんじゅ
SukuSuku English Garden

〒458-0847
愛知県名古屋市緑区浦里5丁目252番地
TEL:052-623-6780
FAX:052-623-7789